2015年10月25日

Rallye Labelフェス ソコカシコ2015

日本は石川県金沢市にあるRallye Labelのフェス、ソコカシコが10月12日に再び渋谷で開催されたので行ってきました!

前回の2年前にも参加しましたが、今回も参加( ´ ▽ ` )ノ

渋谷O-nest、7th floor、DUO MUSIC EXCHANGEの3会場を借りきって行われるまさに“フェス”です。

YeYeバンド、little moa、SOARINGを観に行きました。
せっかくなのでsugar meとショコラ&アキトさんも。

それでは感想いってみましょう〜。



まずはLittle moa。
ユーフォニアムをとりいれた3人組のエレクトロポップバンドです。
以前ライブで観て好きになりました。映画『紙の月』の音楽を担当したことで有名。

DUOは相変わらず椅子のある会場設営でしたが、Little moaはまったり座って楽しむのが合っていますね。
連休最後の昼下がり、非常に癒されました。

Little moaは金管楽器とエレクトロミュージックが見事に調和して融合していますね。これでドラムがあれば完璧なんだけどなぁ。
後ろのカップルが「知らない曲もあったよね」とニワカ発言をしていたが、映画『紙の月』からやった3曲のことを言ってるのかな? MCちゃんと聞きなさいよ。

といって私も『紙の月』を観ていなかったり。ニワカは私でした。

O-nestに移動し、YeYeちゃんとsugar meがコーラスで参加するというイトケンさんのライブを生ぬるい目で見守りました。
かなりつらかったですね。ああいうのなんていったらいいんでしょうね。
YeYeちゃんがかわいいのは知っていますが、sugar meもめっちゃかわいくてびっくり。結構さばさばした性格なのかな? 容姿は好きですが内面は好きじゃないかも(でもその後のライブはすごくよかった)。
パヤパヤいう曲を2曲やって退場。私も一旦引揚げようと思いましたが、どうせすぐ次に同じnestでSOARINGが控えていたので、苦痛でしたが残りました。

そしていよいよSOARING!
SOARINGのライブはいつもサポートのリズム隊の演奏が安定せず、鍵和田さんのPCがギター音を出すのであまり好きではなかったのですが、その日はいつもと違うセッティングでかなり良かったです!

まず、次々に運び込まれるパーカッション。コンガ、ジャンベ、ツリーチャイム。
鍵和田さんもアコギ1本でやってきて、ベースレスのアコースティックスタイル。
2ndアルバム『Kijaku』を聴くと、その雰囲気からSOARINGには民族楽器が似合うなあという印象。

1曲目は「night parade」からスタート。
もうね、今までと安定感が違いますね。試行錯誤の末、ようやくたどり着いた答えのようなライブだと思いました。痺れましたね。

2曲目は新曲「kitsune」
曲自体の構想はすでにできあがっていたとのこと。とっても良かったです。メロがいいですね。

3曲目は「roof」
ソコカシココンピCDに収録されているこの曲ですが、異彩を放っているほど良い曲なんですよ。最高ですね。

4曲目は「雨の日」
歌詞についてブログで感想を書いてくださった方がいて、その方に向けて今回ライブで演奏。良いですね〜。
ちなみにその方というのは私ではありません(笑)

5曲目「wendy」新曲です。
子守唄です。タイトルを「wendyの子守唄」にするかどうか悩み中とのこと。私はシンプルに「wendy」がいいかなと思います。

6曲目も新曲「stone」
この曲も素晴らしいですね! 曲名が聞き取れず、あとでTwitterで訊いてしまいました。
今までのSOARINGのライブについて辛口コメントをしてしまいすみません。今回のライブは最高でしたよ!

7曲目「RONDO」
2ndアルバム『Kijaku』に入っている曲で、民族楽器っぽい音楽。それなのに、初めて聴くかのように勘違いしてしまいました。ライブで聴くとchillさんがとてもエモーショナルに歌うので、とにかく心を震わされました。chillさんの歌声すごく好きです。

あまりお客さんがおらず、私は最前列のど真ん中でめっちゃ踊っていたのですが、終わったあとchillさんから「心の支えになりました」と声をかけられてうれしかったです。すごく楽しかったのですが、その気持ちが伝わって良かったなぁと。あまり伝えられる機会ってありませんからね。
また観に行きます。


さて、次はDUOに移動してYeYeバンドを観ます。
椅子に座ってみるのも鬱陶しかったので、立って観ることに。一望できるのでこれはこれで良いですね。

1曲目、いきなりの「do we we a」! 早いバージョン!
最高にロック! 以前観られなかったので感激です。

2曲目「Take us to Lithuania」
リトアニアライブのときの曲。
これは定番になりましたね。

3曲目はゆったりした新曲。
いつもライブやUstreamで聴いていますが、タイトルが思い出せず。

4曲目、闇に浮かぶ新曲
これが風博士の曲だったかな?

5曲目「a girl runs」
ソコカシココンピCDに収録されている新曲。前日のUstreamでも披露していただきました。なんとなく「ate a lemon」と雰囲気が似ている気がします。

6曲目は「パレード」
SOARINGで「night parade」を聴き、YeYeで「パレード」を聴く。素晴らしいですね。

7曲目「miserable」
きました! miserable!
Ustreamでリクエストに応えていましたが渋々という感じだったので、ないと思っていました。田中正道さんのキーボードが冴え渡りますね。

8曲目は「ate a lemon」!
ロックに始まりロックで終わる! 最近のYeYeバンドはロックだぜ! 座ってんじゃねえよ軟弱者どもが! と言わんばかりに掻き鳴らすギター。最高にクール!

途中で弦が切れるアクシデントがあったものの、素晴らしく熱いライブでした。


次は7th floorに移動し、ソコカシココンピで気になったsphontikというユニット(?)を観ることに。
おお、スチールパンだ。スチールパンは打楽器ですが、木琴や鉄琴と同じジャンルにカテゴライズされると思う。私は演奏できなさそうですね。

ゆったりとした曲で、眠くなってしまいました(ちょっと寝てしまった)。

sugar meで起きました。
イトケンさんがドラムとして登場。
sugar meもかなりいいですね〜。
sugar meがパーソナリティを務めるラジオ番組があったら聴きたいなぁ(*´ω`*)

最後に再びDUOに移動し、ショコラ&アキトさんを観ました。

little moa、YeYeちゃん、ショコラさんのゆるふわ系3人がすべてDUOで演奏したんですね〜(笑)

ショコラさんとアキトさんの夫婦漫才のような面白い話の合間に曲を聴くという感じ(アキトさんは否定していましたが)。

よく電車内で車掌アナウンスをぶつぶつ言ってる人を「インディーズ車掌」と名付けた話は笑いました。どこのレーベルにも所属しない、それがインディーズ(笑)
そのインディーズ車掌から文字がびっしり書かれた紙をショコラさんに渡されそうになった話や、銀行の前でホームレスのじいさんから「いい女だな!」と言われた話など、面白い話が満載でした。
曲はあんまり覚えていません。漫才を見てるようで楽しかったなあ。


というわけでした。
かなり素晴らしいライブ演奏をたくさん観ることができて満足です。

また2年後くらいに、ソコカシコやってほしいですね。

それでは!





0 件のコメント:

コメントを投稿