2015年4月8日

はなまるうどんの食物繊維麺について

今日、はなまるうどんの話が出たのでブログでしっかりまとめておきます。

去ること2年前の2013年、突如登場した「食物繊維麺」なるものによって、私ははなまるうどんに行かなくなりました。



はなまるうどんのウェブサイトもトップページに食物繊維麺がどどーんと表示されます。

その際にメールで送った苦情文とその回答を以下に記載いたします。


はなまるうどんに送った苦情→ https://plus.google.com/109138006503453077008/posts/BGrwtpuEDXY
----------------------------
先日、渋谷駅西口店へ行ったところ、「すべての麺がはなまる食物繊維麺になりました」という情報を目にしました。
私は小腸の難病(クローン病といいます)を患っており、消化の悪いものに対して食事制限があります(低残渣食を心がけなければなりません)。
この食物繊維麺はレタス1個分との記載があるため、不溶性食物繊維だと解釈いたします。
不溶性食物繊維は消化を悪くし、小腸の炎症を悪化させてしまう栄養素のうちの一つです。
うどんは本来消化の良い食べ物であり、食事が制限されている私にとって数少ない外食を楽しめる食事でした。
さらに、はなまるのうどんは他のチェーン店に比べておいしく、頻繁に通っておりました。
それなのに、この食物繊維麺なるもののせいで、はなまるうどんに入ることができなくなりました。たとえ1g程度の不溶性食物繊維であったとしても、私の体調を悪化させる要因の1つとなるためです。
健康志向とは正反対を行くような食物繊維麺には断固反対です。
もし麺に含まれている食物繊維が不溶性ではなく水溶性なのでしたら、その旨をしっかりと明記していただきたいです。
それならば安心してはなまるうどんにうどんを食べに行くことができます。
要望を具体的にまとめると、

・食物繊維麺をやめる、あるいは選べるようにする。
・食物繊維麺の食物繊維を水溶性食物繊維にする、あるいはすでにそうであるならば店内に明記する。

というどちらかの対策を行っていただきたいです。
障害者総合支援法が施行されて1ヶ月経ちましたが、どうか私のような難病患者に対して前向きなご理解とご検討を期待するばかりです。
今後の食物繊維麺のあり方について、ご回答いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。



その返事→ https://plus.google.com/109138006503453077008/posts/9efE3pqQjt5
---------------
差出人: 株式会社はなまる
日時: 2013年5月17日 15:47:01 JST
件名: [003710] はなまるうどんでございます。

お客様

株式会社はなまるお客様相談室 中澤と申します。
平素は、はなまるうどんをご愛顧頂き、誠に有難うございます。

お問い合わせ頂きました、食物繊維麺についてで
ございますが、お客様をはじめ、一部の方々には
ご迷惑をおかけする事となり、誠に申し訳ございません。

弊社にてご提供させて頂いております食物繊維麺は、
食を通じてお客様の健康を支援したいと考え、
ご提供させて頂いております。

今回の食物繊維麺は、弊社独自の製法によって
レタス1個分相当の食物繊維添加を実現致しました。
しかしながら、弊社に限らず、小麦粉には一定量の
不溶性食物繊維が含まれており、今回の麺への添加有無に
関わらず、小麦粉製品には食物繊維が入っている可能性が
御座いますので、お客様におかれましては、
一度ご確認頂ければと存じます。

近々にて変更の予定は現在なく、お客様にはご迷惑を
お掛けする事と存じますが、ご容赦頂ければ幸いでございます。

また、この度頂きました貴重なご意見は、
今後の参考にさせて頂きたく存じます。

お客様にご満足頂ける様、努力して参りますので、
今後とも弊社はなまるうどんを、宜しくお願い申し上げます。

*******************************
株式会社はなまるお客様相談室
hanamaru@i.msgs.jp
*******************************



不誠実ですし、回答になっていません。質問に答えてくれていない。
レタスまるごと1個分てなんだよと。なんとも不愉快です。

しかし同じようにクレームを送った方もいらっしゃるようで、その方にはタピオカ由来の水溶性食物繊維と説明があり、対応も好感が持てたとのこと。
本当かどうかわかりませんがね。

私は上記のメール返信を見て「食物繊維麺」には不溶性食物繊維が添加されていると解釈し、その後はなまるうどんには一切足を踏み入れていません。

うどんの麺にだって食物繊維は含まれるようですが、うどんは本来消化の良い食べ物であるはずです。


私はクローン病という小腸の難病を患っておりまして、栄養療法によって長期的な寛解維持を目指して生活しています。
現代医学では治療法が確立されていない病気なので、食事には結構気を遣います。

説明しますと、食物繊維には2種類ありまして、消化の良い水溶性食物繊維と、消化の悪い不溶性食物繊維があります。
「食物繊維は体にいい」などと世迷言を言っているのは勘違いも甚だしいということです。

食物繊維を全部ひっくるめて、「体にいい」などと嘘八百を並べてはいけません。

そもそも食物繊維を摂りすぎると体にも悪いです。
水溶性、不溶性関係なく、健康な人であっても食物繊維の摂りすぎは腸内環境を悪化させてしまうようです。



さて話は変わりますが、今朝のテレビ番組で香川から上京してきたという大学生が丸亀製麺が好きなどと抜かしていました。
丸亀製麺は丸亀という名前はついていますが、その発祥地、第1号店は兵庫県です。
先日は香川県に初出店した丸亀製麺の店舗が早々に閉店したというニュースが話題になりました。

丸亀製麺、うどんの本場・香川県で挫折? 路面1号店が撤退... 味よりも「値段で負けた」のか : J-CASTニュース -

秋葉原の「伝兵衛」という伊勢・三重県の料理を出してくれる居酒屋で伊勢うどんを食べてからというもの、うどんと言えば伊勢うどんという感じに、すっかり伊勢うどん好きになってしまいました。
コシがなく、やわらかくふんわりとした触感の麺に、生卵を落とし、伊勢うどん独特の強いかつお風味の出汁醤油をかけて釜玉にして食べるのです。もう最高。

ときどき伊勢うどんめぐりをしていますが、なかなか良いお店には出会えていません。
調べてみると博多うどんもコシのないやわらかいうどんとのことで、博多うどんめぐりもいつかしてみたいなあと思っています。
もう讃岐うどんにはうんざり。伊勢うどんに出会う前は香川県はうどんの聖地だと思っていたけど、とんでもない。

まして丸亀製麺なんておいしくない上に香川のうどん屋からしてみれば相当値段も高い。
もちろん味の好みはあると思いますが、私は丸亀製麺の味は苦手です。

はなまるうどんは丸亀製麺なんかより数倍おいしいと思っていただけに、2年経った今でさえ「食物繊維麺」に対する上記の対策は取っていただけておりません。

まあ、という感じで味の好みもすっかり変わってしまったので、もう讃岐うどんはすすんで食べに行かないでしょうね。だから別にどうだっていいんだけどさ。
丸亀製麺はもちろん行かないけど、とりわけはなまるうどんには絶対行かないと決めています。
食べられないっていうぐらい大量に添加されているというわけでもないし、多少の妥協は必要なんでしょうけど、しなくていい妥協はしなくていい。したくない。


というわけでこれからは伊勢うどんの時代です。
関東で良い伊勢うどん屋さんが見つかるといいんですけどねぇ(*´ω`)
あ~伊勢うどん食べたくなってきた!!(*゚∀゚)=3ムッハー