2015年4月12日

たまゆら~卒業写真~ 第1部 芽-きざし-

 
4月4日から公開されている2週間限定の劇場版アニメ『たまゆら~卒業写真~ 第1部 芽-きざし-』を観てきました。
初日は観に行けなかったので、2日目の4月5日に新宿ピカデリーで観てきました。
さすがに舞台挨拶は盛況だったようですね。2日目も日曜日とあってか、客の入りはかなり多かったです。


▲入場者プレゼントは1週目がキャラクターデザイン飯塚晴子さんのイラスト色紙、2週目が竹原市で学割が使える楓にょんの学生証とのことです。
1週目の入場者プレゼントは楓バージョンと、ちひろちゃん&ともちゃんバージョンの2種類がランダムで配布されています。これは実に素晴らしいですね。
2週目の入場者プレゼントはあまり興味なかったので、とにかく1週目を観に行きました。


▲まずは劇場限定ブルーレイを購入します。
これは各劇場の在庫がなくなってしまうと完売になるそうです。
5月に通常版のブルーレイ&DVDも発売されるようです。映像の内容的には特に違いはなさそうです。

パッケージの特典として、劇場限定版には全4巻が収納できる描きおろしBOXと、『たまゆら』公式イベント「卒業式」優先参加もしくは「第4部エンドクレジットお名前掲載」抽選(500名様掲載)の申込み券がついてきます。
正直あまり所有感は満たしてはくれませんが、せっかくなので思い切って買っちゃいました。

ちなみに店舗特典は通常版のみです。劇場限定盤は、映画館のグッズとしてのみ販売されるので。
詳しくは公式サイトをご覧ください。

それでは感想行きましょう。




※以下、ネタバレを含みます。ご了承ください。


まずはセレクション放送を観ておさらいをしました。
OVAも全編テレビ放映してしまうとは。
総集編ですが、なかなかいいチョイスだったと思います。

さて。
出だしはいつもの感じですね~。例の写真から。OVAの感じが出ています。
写真を撮ろうとして橋から落ちそうになるのもOVAの第1話とそっくりですね。違うのは、かおたんだけではなくのりえちゃんと麻音ちゃんがいること。
OP曲がないのもいいですね。劇場アニメでOP曲があるのはあまり好きではないので。

劇場版では新キャラとして、写真部に新入部員が入部します。
1年生の進藤巧美ちゃんと2年生の前川すずねちゃんです。かなえ先輩が卒業して、3年生になった楓にょん1人になってしまうかと思いきや、2人も入部してくれるとは。
そして巧美ちゃんが出し抜けに下上山先生に「絞り」について問い質すシーン。
今まで『たまゆら』ではこういった技術的な、専門的な話題はなるべく避け、純粋に「撮る楽しみ」のようなもののみを描いてきました。しかしかなえ先輩に憧れてカメラを始めた前川すずねぇのように、『たまゆら』を観てカメラを始めた人もいるはずです。そういう人たちのためにも避けては通れない話題なのかなと思いました。
とはいえ、ここぐらいなんですけどね。今後、第2部、第3部、第4部でも巧美ちゃんによるカメラ技術談義があるのかもしれませんね。

今年の部活紹介では慌てなかった楓にょん。
それでも「頭の中が真っ白になった」と。わかるなあ、その気持ち。でも、みんなの顔が浮かんで、みんなの力を得てがんばって乗り切ることができたようです。成長の証ですね。そういう友達がいるって、すごく羨ましいなあ。

そして高校3年生になった4人それぞれが将来のことを考え始めます。考え始めなければなりませんよね。
のりえちゃんが絶好調です。胸の卒業リボンはどこから出てきたんでしょう(笑)
楓にょんが再びのぽてにょん症候群を発症しましたね。
のりえちゃんと麻音ちゃんが楓にょんの「旅行の仕事をしたい」という夢に「意外」と言っていますが、お父さんの仕事が旅行会社だったんだから全然意外でもなんでもないと思うけどな。
そこがかなり不可解でした。「旅行の仕事をしたい」というのは、楓にょんのお父さんの仕事がそうだったからかなり納得できる夢です。

私も自分の父親と同じ仕事はしないだろうなあと思っていたのに、実際かなり近い仕事をしていますし、人生ってわからないですよね。
高校生のころなんて将来のこと何にも考えていなかったですし、大学生になっても何にも考えてませんでした。
行き当たりばったりなのに深刻に考えてしまうきらいがあって、自分でも自分の性格がよくわかっていません(;´∀`)

香たんとこまちちゃんが中学生になりました。
これは良いですね~。そんな年齢になっていたのですね。

桜の塩漬けのモンブランの楽しみ方も4人それぞれ。キャラクターの個性を再確認できる良いシーンです。

そんな中、写真家の志保美さんが竹原を離れ、東京に行くという噂を耳にします。
しかしその前のシーンで、巧美ちゃんが櫓から身を乗り出すシーンがすごいですね。あんなに乗り出せるものかな。
絶対スカートめくれちゃってますよね。
巧美ちゃんがすずねぇと腕組んでわいわいやるシーン、冒頭でもありましたが、このわいわい感いいですよね。仲睦まじくて。

下上山先生が雑誌の投稿写真で賞を取りました。
その名も「迷タイトルで賞」。堂郷節が受け継がれてしまった……無念。


今年もたけはら竹まつり開催です。
汐入からちひろちゃんとともちゃんが会いに来てくれましたね。
ともちゃんも巧美ちゃんもぐいぐいしゃべりますが、それでものりえちゃんのほうが下の回り具合は上だなと思いました。
集中線かけているならもっとがんばりましょう!

たけのこのババロアの、ゼリー部分の動きがリアルですごいと思いました。
食べたくなりますね。めっちゃおいしそうです。

ちひろちゃんに楓にょんが志保美さんのことで元気がないことを見抜かれてしまいます。
あとでかなえ先輩にも見抜かれてしまうんですけどね。
お助け美少女カオターンの情報によると、噂は本当だそう。

でも確か、志保美さんってもともと東京からこっちに来たんじゃなかったでしたっけ。
ほぼろに下宿してるんだっけ? あれ? 記憶違いかな。
今、GYAOで『たまゆら』全話無料配信しているので、ディスクを持っていらっしゃらない方ももう一度チェックです。
自分もチェックしなきゃ。
 →終了したようです。

ともちゃんのおっぱいが大爆発していますね。
キャラクターデザインの飯塚晴子氏によると、みんなお胸を成長させて描いたとのこと。
それにしてもともちゃんは大爆発すぎます。個人的には大爆発しているよりも、隣のちひろちゃんのようなスレンダーな感じが好きです。

私h「ぽって」は不名誉なあだ名だと思っているので、ちひろちゃんとともちゃんの汐入コンビのように「楓にょん」と呼んでいます。

巧美ちゃんの着物姿がかわいい!(*´▽`*)
動きがアクティブすぎる。楓にょんのシャッターチャンスをガードした……だと……!?

竹まつりを楽しんでいるみんなでしたが、「やったね!」「やったね!」というメール着信音が。
『たまゆら』シリーズ唯一の闇、さよみお姉からの呼び出しが。全然よくない! もっとおどろおどろしい着信音を設定しておくべき。あるいは着信拒否。
休憩時間になったかおたんが颯爽とスライドして登場。妹のスケジュールを把握してるとか、もはや着信拒否しても無意味。

大学のサークルでお店を出してるとか言って、みんな嫌々ながら、仕方なく、向かいます。
と、楓にょんが志保美さんを発見して、避けます。この避けるシーン、なんとなく話しづらいような気まずい気持ちが伝わってきますね。

プチ秘境探検占いという確実に不合格なお店に到着しました。
かなえ先輩との再会です。罠にはめられたようです。
さよみお姉の、「みんな永久部員だから」とか、「ゆくゆくはかなえ先輩が次期部長に」とか、なんかほんわかしたような、いいこと言ってるような雰囲気出すのやめてもらえますか。
注意して観てないと、背景の音楽とあいまってそっちに引っ張られちゃいます(;´Д`)

ここで志保美さん登場。
振り返るシーンに間があるので、なんとなく顔を合わせたくないのかな~と。
竹原を出て、東京へ行っちゃうって噂が本当みたいだとかおたんから聞いて、どことなくそれを確かめるのが怖い。確かめてしまったら、それが本当の本当になってしまう気がする。そんな心情の表れでしょうね。

最初に志保美さんと散歩したときに来た、お地蔵さんのそばのベンチで話す2人。
夢を語り合って、「思いのバトンがつながったね」と志保美さん。いいねえ。青春だね。まさに。
カメラをかまえあってシャッターを切るのも、OVAのころに戻ったような、懐かしい気持ちになりました。

楓にょんたちだけでなく、ちひろちゃんも、ともちゃんも、大学行ったら留学するという計画を立てています。
志保美さんも知り合いのギャラリーを手伝うことに。それが夢であり、今自分がやりたいこと。やりたいと思っていること。
将来のことを考えて前に進もうとするみんな、いいなあ(*´∀`*) ほっこりしてしまいました。

それに引き換え私はというと……。なんなんだろうなあ。もんにょり。
いつか竹原に観光旅行に行けたらいいなあと思っています。それが夢かな。なんてね。

そうそう、ももねこ様にガールフレンド(?)ができたようですね。
ももねこ様2号と呼ぶべきか……。猫たちの動向も目が離せません。

『たまゆら~卒業写真~ 第2部 響-ひびき-』も楽しみです。
次回は8月。夏です。楓にょんたちにとっては、高校生活最後の夏。
私は無駄にした記憶しかありませんが、彼女たちはどんな夏を過ごすのでしょう。今からとても楽しみです。



おまけ


▲3回も観に行ってしまいました。
楓バージョンがダブってしまったので、欲しい方いらっしゃいましたら差し上げます(先着1名様)。

 
▲コンビニで売ってるたまゆらコラボ商品です。
もあぐれっしぶのときにもコラボ商品がありましたね。
「かおるオレンジレーズンロール」はとてもおいしかったのですが、「ほぼろのお好み焼」は最悪のまずさでした。
麺がうどんではなく焼きそばなのはまあいいとして、キャベツは生焼けだし、ソースもおいしくないし、ほり川から苦情くるよこれ(;´Д`)

というわけでした。ちゃんちゃん。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿