2015年3月7日

良い仕事は良い道具から [Good Tools Make Good Jobs]

無事に仕事が決まり、働き続けることができそうなので、いろいろと仕事に必要なアイテムを揃えることにしました。

「良い仕事は良い道具から」

気分を一新するためにも、ありあわせのものでなく、新しいものを買うことで良いスタートにしたいです。



・Blender Bottle

いきなり関係なさそうなものですが、シェイカーボトルを買うことにしました。
エレンタールを飲む際に必要なものです。

以前はエレンタールを水筒に入れて持ち運んでいたのですが、パッキンを付け忘れ、カバンの中で大洪水を起こしてしまい、それ以来エレンタールは極力持ち運ばないようになりました。
しかし、毎日仕事をする上で寛解維持のためにはどうしてもエレンタールは必要不可欠です。

そこで、「100& LEAK PROOF」(絶対にこぼれない)、BlenderBottle社のBlender Bottle Classicの20オンス(600ml)を買いました。
Twitterでオススメしていただいたので、いつかは買いたいと思っていました。

  

ゴムパッキンがなく、ペットボトルと同じ仕組みでこぼれないようです。
間口が広いため、奥まで手を入れて洗うことができます。飲み口もシンプルな構造のため、洗うときに手間がかかりません。

スプリング状のBlender Ballは、これを入れてシャカシャカ振るとよく混ざり、クリーミーな舌触りになるとのことですが、洗うのが面倒なので使っていません。
エレンタールを入れるだけなら使う必要もないでしょう。

目盛りがついているのも嬉しい点ですね。このままエレンタールの粉を投入できます。

水筒だとシャカシャカ振るのに抵抗がありましたが、このBlender Bottleならいくら振っても安心ですね。
一応ケースも買ったのですが、保温機能はないので冬場といえどもすぐにぬるくなってしまいます。
夏になったらどうしようか考えないといけませんね。

もともとエレンタールはキンキンに冷えているより、少し冷たい~常温ぐらいが飲みやすいので、今の時期はなんとか問題なさそうなのですが、夏はかなり厳しいことになりそうです。
保冷用アイテムを別途なにか探して購入しなければならなさそうです。


もうひとつ、気になったボトルにCAMELBAKのエディボトルがあります。
これの保温・保冷モデルを買えばいいかなとも思いましたが、ストロータイプなのでエレンタールを毎日入れるとなると劣化が非常に早そうという懸念が生まれ、断念しました。
今のところはBlender Bottleでいいでしょうね。
夏までに保冷グッズを用意しておかねばなりません。トラベル用品や登山用品のアウトドアグッズ店に売っているかもしれませんね。

 


・三菱鉛筆 uni HANDS GREEN BRANCH PROJECT:JETSTREAM 複合ペン4&1

まずはリンク先のページを見て欲しいのですが、三菱鉛筆と東急ハンズのコラボレーション商品として生まれたJETSTREAMです。

JETSTREAMは非常に書きやすい、なめらかな書き味に定評があるボールペンです。
私もずっと愛用していて、この商品もTwitter上で別の方からオススメしていただいたアイテムです。

   

グリップ部分が杉の間伐材でできており、一本一本違う木目になっています。
シャープペンシルと、黒、赤、青、緑のボールペン。シャーペンはクリップ部をノックします。消しゴム付き。
シャーペンの芯は下から入れるか、軸を引っこ抜いて入れるしかなさそうなのですが、使わないからいいかな。
売り上げの一部が森林保全活動の資金に使われるそうです。

見た目が非常におしゃれで、一線を画したデザインですね。
グリップの握り心地は木なので良いとは言えませんが、あえてその木の感触を楽しむことができるのも魅力ですね。
クリップ部のメッキに「uni JETSTREAM」のロゴが入っているのもかっこいいです。

お値段はちょっとお高いのですが、新宿の東急ハンズで購入し、2015年3月13日(金)まで10%オフで購入することができます。

  


・ほぼ日手帳WEEK タイ&チーフ チドリドット

手帳のベストセラーとも言えるほぼ日手帳。
任天堂の『MOTHER』シリーズで有名な糸井重里氏が主宰するほぼ日刊イトイ新聞から発売されています。
数多くのラインナップからWEEKのタイ&チーフ チドリドットを選択しました。

こちらもまた別の方に、Twitterでオススメいただいたものです。
なんか人からのオススメばかりですね。自分で見つけていないというか。
ツイートはあくまでも「つぶやき」なので、まあそれもアリなのかなと。

タクシードライバーのおっちゃんがCOOL!! ですよね。

 

中を開けると、「THINGS ABOUT」というほぼ日手帳がどんなものかの説明書、マチレスポケット、マチレスポケットの使い方、日本全国の路線図(RAILWAY MAP)が入っています。

 

月曜始まりのカレンダーと、一週間ごとの予定表。
カレンダーは月曜始まりに慣れてしまっているので、日曜始まりのカレンダーを見るとかなり違和感を感じるようになってしまいました。
変えられるものは、積極的に月曜始まりのカレンダーに変えます。

もちろん六曜と二十四節気も記載されています。
ほぼ日刊イトイ新聞から厳選された「週の言葉」も入っています。

 

後ろのほうには方眼メモ。
ペンを挟めるベルトを買っても良かったのですが、こうやってさっとペンを表紙に挟んで使うのも悪くなさそうです。

 

マチレスポケットを貼ります。
別にここに貼らなくてもいいし、使わなくてもいい。ほぼ日手帳には決められた使い方はありません。
このスタンスがいいですよね。

使うとしたら、こんな感じに路線図を入れておけばいいでしょうか。
名刺を数枚入れておいても良さそうです。切れ込みが入っているので、マチレスと言えども結構厚みのあるものであってもスッと入ってしまいます。

今のところ、仕事の予定をばんばん書き込んでいます。
一応メモ帳も別に持ち歩いていますが、ちょっとしたことならこのほぼ日手帳に書き込んでしまいます。
一週間表示のページでも、土曜と日曜の欄はメモ欄として考えてしまえばいいのです。

もともと自分のすべての予定や通院日、漫画や小説の発売日、タスクの期限、映画の公開日などはGoogleカレンダーを使って、スマートフォンで同期させて一括管理していました。
なので、この新しく買ったほぼ日手帳は仕事専用です。

大学生のときも手書きのスケジュール帳を買ったのですが、特に頻繁に使うこともなくすぐ使わなくなってしまっていました。
しかし、このほぼ日手帳は決められた使い方がなく、非常に自由に使えるので使う頻度もかなり上がりそうです。

デザインもおしゃれなものも多いですし、WEEKではないのですが『MOTHER2』バージョンのほぼ日手帳オリジナルなんかもあったりして、とても「使いたくなる手帳」だと思います。

サイズ感も非常に良くて、Xperia Z Ultraと同じくらいな感じです。

 

とっても使いやすいです。
Xperia Z Ultraのペンも買いたいところです。

電話で話しているときや、仕事中にスマートフォンで予定を確認するのって億劫なんですよね。
私はiPhoneとXperiaの2台持ちをしているからまだいいものの、通話中に一度ホーム画面に戻るというのが好きではないのです。
そもそもauだったら通話中にカレンダーの同期ができないし……(私はSoftBankですが)。

というわけで、買って良かったです。
以上、オススメしてくださった方々、どうもありがとうございました。

病気がだいぶ良くなって、ようやっと働けることができるようになって純粋に達成感が大きく、充足感で満たされています。
これからバリバリ社会貢献したいですね~。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿