2015年2月24日

お風呂嫌いと歯みがき嫌いへ

逆転現象発現。

子供の頃はお風呂に入るのがあまり好きではなく、さっと入ってさっと出るタイプでした。
歯みがきはあまり嫌いではありませんでした(それでも虫歯は多かったのですが、歯列矯正をしたらマシになったと思います。歯並びががたがただとどうしても磨けない部分ができてしまうからでしょうね)。

大学生になり、一人暮らしを経験したことで、お風呂が好きになりました。
ユニットバスのワンルームマンションで一人暮らしをしていたのですが、毎晩お風呂はシャワーだけでした。
すると、どうしても疲れがとれず、睡眠の質も悪くなりました。

お湯に浸かることで、血管が広がって血流が良くなり、代謝性がアップします。
老廃物を出すことで疲労回復につながり、体を芯から温めることで睡眠の質がアップします。

たぶんもう絶対ありえないでしょうが、もし万が一今後一人暮らしをしなければならない状況に陥った場合、風呂とトイレは別で、かつユニットバスではない風呂の部屋を選びたいですね。
今一人暮らしをしているうちの妹にもそう言いましたし、今春より新生活を初められる方にもバス・トイレ別をオススメします。

そして、少しでもお風呂でリラックスできるアイテムを風呂内に持ち込んでみましょう。
アヒルのおもちゃでもいいですし、防水のスマートフォンやタブレット、ホームプラネタリウムでもいいかもしれません。

私がオススメするのはアロマです。
お風呂にエッセンシャルオイル(精油)を持ち込んで、直接湯舟に垂らすのも良し、アロマポットに入れるのも良しです。
特に頭痛がしている場合には効果覿面です(※ただし偏頭痛は逆効果なので注意)。
私の頭痛は温めると改善するので、緊張性頭痛なんだと思います。

以下の「カオルバス」に湯を入れ、そこにエッセンシャルオイルを入れるのがいいです。
エッセンシャルオイルは好きな香りのものを使いましょう。お店に行くと大抵試供品がありますので、気に入るものを見つけましょう。
落ち込んでいるときはラベンダー、エネルギーが回復してきたらグレープフルーツやスウィートオレンジなんかもいいですね。

   


さて、歯みがきのほうですが、こちらはどうしようもありません。
起きたとき、出かける前、寝る前は渋々歯みがきをしますが、面倒くさくて億劫です。
ここ数年でそうなってしまったため、去年また虫歯の治療をしましたし、親知らずが上下左右の4か所フルアタックを仕掛けてきており、今後深刻な状況になりそうな予感……。
歯茎も減ってきている感じがします。

どうにかしないとな~と思っていたら、サンスター株式会社から「G・U・M PLAY」なる商品が発表されました。

・歯みがきを「やらなくちゃ」から「やりたい」へ スマホと連動する“スマートハブラシ”「G・U・M PLAY」を開発 | 企業情報 | サンスター

・サンスター、普通の歯ブラシに装着して歯磨きを楽しくするデバイス「G・U・M PLAY」開発 -INTERNET Watch


もともと歯みがき粉はサンスターの「G・U・M」を使っていますし、これはまさに自分にピッタリな商品。

普通の歯ブラシの末端にアタッチメント「G・U・M PLAY」を装着することで、スマートフォンとBluetoothで通信し、磨けていない場所をチェックしたり、磨き方に合わせて音楽を演奏したり、磨きながらニュースの読み上げを聞いたりすることができるそうです。

「MOUTH MONSTER」というゲームアプリもプレイできるそうで、これもちょっと楽しみです。
2015年中に発売するそうですが、価格は未定。
価格次第ではすぐに購入したいです。

(と、その前にPolaroidのSocialmatic Cameraも買う買う言っといてまだ買っていないんでした。今はOut of Stockですが、注文しておくと春になる頃には出荷されるみたいです)

Internet of Thingsの時代、Quality Of Lifeを向上させるために、自分の理想の生活に適した道具を随時導入させていきたいですね。


 

0 件のコメント:

コメントを投稿