2014年12月31日

iOS8で使いたいオススメのアプリ10選

みなさんこんにちは。
iPhone6を買った方も、iPhone6plusを買った方も、iPhone5sやiPhone5cの在庫処分を買った方もこんにちは。
iOS8がリリースされてから早3ヶ月が経ちました。
現在はiOS8.1.2が最新版としてリリースされていますが、まあバグが多くて使いにくいと感じていらっしゃる方が多々おられることでしょう。
特にユーザー辞書の同期バグは酷く、iOS8.1.2にアップデートしても直りません(直ったという人も一部いらっしゃるようですが……)。
仕方なく全部手動で入れ直しましたよ。IMEの更新によって、ユーザー辞書に登録しなくてもサジェストに出る単語もいくつか増えましたからね。良い目で見てみると刷新できたので良かったです。

Apple社は定期的なリリースに拘泥するあまり、質の悪いプロダクトを出してしまっているというのが最近のAppleファンに共通する意見のようです。同感ですね。
スティーブ・ジョブズが存命していた頃は、質の良いものができて満を持してリリースするというスタンスだっただけに、最近の動向は落胆を感じずにはいられません。

『テルマエ・ロマエ』を描かれたヤマザキ・マリ先生の『スティーブ・ジョブズ』が最近話題なので読んでみようかなと思っています。
映画も面白かったしね。

さて。今年は映画もあまり観ていないし、CDもたいして買わなかったので、年末企画は何もできないではないかと思っていましたが、アプリ紹介ぐらいはできるかなと思って急いでピックアップしました。
それにベスト・オブ・ザ・ムービー2014は『インターステラー』、ベストアルバム2014はNEWHOUSE『Kaleidoscopic Anima』で決定ですよね。

漫画はまたしても全然読めず、悔しい限りです。本棚に収まりきらない積読本がこのとき以上にめちゃくちゃ溜まっています
最近は本棚をDIYで自作したいなと思っていますが、なかなか取り掛かることができません。無念。

前回の「iOS7で使いたいオススメのアプリ」も見てくださるとうれしいです。
それでは紹介します。iOS8で使いたいオススメのアプリはこいつらだ!



支出管理 - SHIBUYA Masanori



  
★ウィジェット対応

まずは定番の「支出管理」です。
お金の管理系アプリはいくつか出ていますが、この「支出管理」はその名の通り支出のみを管理し、収入は一切度外視するというシンプル・イズ・ベストなアプリです。
今までデザインがフラットデザインに対応しておらず、少々野暮ったい感じでしたが、iOS8に併せてフラットデザインを採用。スッキリとしたデザインになり、なおかつウィジェットにも対応するというデザインと機能面の両方において優れたアプリです。
グラフは棒グラフだけでなく、チャートグラフや円グラフなどを選ぶことができます。入力画面の項目表および予算額はそれぞれカスタマイズ可能です。


メモれる電卓 FusionCalc2 - Leo Rivas-Micoud



  

計算結果をドラッグ・アンド・ドロップでいくつも付箋のように残せる電卓アプリがこの「Fusion Calc2」です。
2になったことで、カート機能が追加されました。付箋にはそれぞれダブルタップでメモを残せるので、カートに追加したときにどの数値がどんな内容なのかひと目で分かる上に、上画面をスライドするだけで合計値も見ることができますので非常に使いやすいです。
上のリンクは無料版なので、まずは無料版を使ってみましょう。広告が邪魔になるので、僕はすぐに有料版を購入しました。もともとFusionCalcファンですしね。
それぞれの数値をクリップボードにコピーしたり、右中央の緑のボタンで数値をまとめることもできます。
Android版も登場したのですが、広告を削除するには300円か……。うーん、オススメなのですが少し迷ってしまいますね。


feather for Twitter - covelline, LLC.



  

Twitterクライアントで今一番オススメなのが「feather for iOS」。その名の通り、羽のように軽い、サクサクTwitterクライアントです。
今まで使っていたTweetList4が一年間まったく更新されず、サポートも音沙汰が無いので乗り換えました。
「feather for iOS」にしてからTwitterを見るのが少し楽しくなりましたね。最近マンネリ化していて、、あまりタイムラインを追うことも少なくなっていたので、クライアントを乗り換えるというのは良いリフレッシュ効果をもたらしました。今や暇な時間は大抵「feather for iOS」でTwitterを見ています。
機能面もかなり豊富です。半角カナ変換機能や、ツイートをスワイプしてふぁぼったりリツイートしたりPocketに登録したりできるのが非常にスムーズで使いやすいです。おまけにスワイプショートカットはカスタマイズできます。
そして「feather for iOS」最大の魅力が、“なんでもタブ化できる”ということ。検索結果だろうが特定の誰かのツイートページだろうが、内蔵ブラウザで開いたリンク先のウェブサイトだろうがタブとして画面下部に格納できます。
ツイートボタンも自由に移動できるというのが特徴的ですね。僕は右端のタブリストの上に置いていますが、タブリストの中に仕舞うこともできれば、画面の上の方に持って行くこともできます。これはかなり新しくて、他のありきたりなTwitterクライアントには無い特徴的な機能ですね。
ミュート機能も正規表現に対応したミュートワード機能が備わっていますので、軽いだけでなく機能面でもかなり優秀です。Tweetlogixが正規表現をやめてしまったので、これはうれしい人も多いのではないでしょうか。
難点があるとすれば、未読管理ができないということ。バックグラウンドで動作させていても落ちてしまうときが度々あり、その都度タイムラインが最新のツイートに移動してしまうのでTweetList4のような未読管理のできるアプリを使っていた人にとっては食指が動きにくいでしょうね。
でも、追加予定の機能に未読数表示がリストアップされていますので、未読管理ができる機能もいつの日か追加されることでしょう。そのときを待ち望んでいます。

【追記2015.01.01】
なんと2015年3が日セールが開催中です!
本日1月1日~1月3日まで期間限定で300円の「feather for iOS」が100円になるセールを開催中とのことです。
この機会にぜひ買っちゃいましょう! ≡└(┐卍^o^)卍


Bing サーチ – Web、画像、動画、ニュース、地図、天気等検索アプリ - Microsoft Corporation



 
★ウィジェット対応

マイクロソフトのbingがiOSアプリとして登場。
GoogleとYahoo!に次ぐ第三の検索エンジンとして最近トレンドに乗っています。余計な検索結果が出ないシンプルなエンジンと、トップページの美麗な画像で人気が出てきていますね。
僕も普段はGoogleを使っていますが、トップページの画像を見るためだけにbingを開くことがしょっちゅうあります。
iOS8のウィジェットに対応したことで、通知バーからbingの美しい画像をチェックできるのはうれしいですね。
トップ画面を左にスワイプすれば、前日までの画像を見ることができます。普段使うことがなくても、入れておくだけでもオススメできるアプリです。
bing公式Twitterは毎日トップページ画像の情報をツイートしているのですが、画像のサムネイルもツイートしてほしいですね。


Vidgets - Less Code Ltd



   
★ウィジェット対応

iOS8のウィジェット機能を最大限活かしたアプリ「Vidgets」。iOS8にアップデートしたからにはまずこのアプリを入れなければならない! と言っても過言ではないほど素晴らしいベスト・オブ・ザ・アプリです。
機能としては世界時計、アナログ時計、デジタル時計、カレンダー、タイマー、バッテリーレベル、ストレージ空き容量、RAM空き容量、ネットワークスピード(モバイルネットワークおよびWi-Fiネットワーク)、速度計、コンパス、高度計、天気予報、最高気温、最低気温、平均気温、日の出時間、日の入り時間。
これらの機能を区切り線とスペーサーを組み合わせて自由に配置することができます。
そして色替え! 自由度が高い。Android4.4以降のXperiaで通知バーの時刻とクイック設定ツールがテーマ色関係なしに白一色に統一されてしまったのは残念ですよね。やっぱり、色が変更できたほうがいいです。フラットデザインにはポップでカラフルなイメージがしっくりきます。マテリアルデザインでロリポップキャンディーというイメージからもカラフルさが想起されるので、次のXperiaがどうなるのか気になりますね。
ともすれば、iPhoneでは「Vidgets」一択です。


|ω・) FasPos: 右スワイプで即ツイート! - Tomoya Onishi



 
★ウィジェット対応

今までのiOSでは通知バーにTwitterとFacebookの投稿ボタンがあったのに、それが消えてしまって悲しいとお嘆きのそこのあなた。「FasPos」があります!|ω・)ノ
通知バーのウィジェットから起動、つぶやき内容を書いて右スワイプで即ツイート。
ちなみに左スワイプをすると内容が消去されます。
とてもシンプル。だがこのアプリを求めている人は結構多いのではないかと思います。上で紹介した「feather for iOS」などの軽いアプリを使っていても「FasPos」のライトでシンプルにツイートできるのはありがたいですし、重いTwitterアプリを使っている人には尚更オススメです。


⑦ヘルスケア

  

なんとここにきて公式アプリの登場だ!
Apple純正「ヘルスケア」はiPhone5s以降のモーションアクティビティをフル活用したアプリです。来年2015年に登場するApple Watchとの連携強化が図られると考えられています。
しかし、そんな時計なんてどうでもいいのです! 歩数記録アプリは「Argus」や「Walker - 歩数計 M7」、「SilentLog」がありますが、どれを使ったらいいのかわからないと思っている方、この「ヘルスケア」で十分すぎるほどです。
歩数記録のみならず、ランニングや体重推移、摂取した栄養など数々の記録項目があり、個人情報の塊みたいなアプリです(笑)
Sleep Cycle alarm clock」などの睡眠記録アプリと組み合わせれば鬼に金棒ですね。
そして一番重要とも思える機能が一番右のメディカルID。これは意識不明になったときに救急隊員や医師、看護師がアクセスする情報だと思います。なので医学用語も使って入力してみました。許可しておけばロック画面の緊急から見ることができてしまうので、個人情報保護の観点から見ると微妙かもしれませんが、僕のように慢性疾患の持病がある方などは書いておいても損はないかなと思います。


Labelbox - Stepcase



  

前回も紹介した「Labelbox」を再び紹介。
機能的にはさほど変化はありませんが、バグが解消されたことでAirDropを使って画像を送信できるようになったことと、公式「写真」アプリの編集→左上の“…”をタップすれば「Labelbox」を呼び出して、「写真」アプリ上でラベルを貼ることができるようになりました。この「写真」アプリの呼び出し機能はiOS8からしか使えません。
写真の盗作がインターネット上で増加していますが、せっかく自分のID名を入れるのであれば「Labelbox」を使ってカラフルでキャッチーな写真にしてしまいしょう。


Delicious Official App - Sway Network



  

オンラインブックマークサービス「Delicious」の公式アプリです。
今までは「Delitouch(Delibar)」というアプリを使っていたのですが、iTunes Storeからはなくなってしまったようですね。まあ公式アプリがあるので意味をなさなくなってしまったのでしょう。「Delitouch(Delibar)」は今は「StatNut」という名前に変わり、Deliciousのサポートを終了してしまったようですね。あのタブを連ねたようなデザインは好みでしたから、少し残念です。
さてこの公式「Delicious」アプリですが何ができるのかというと、自分の保存したリンクはもちろん、クリップボードにコピーしたリンクを追加、他のアプリからアクティビティを介してDeliciousにリンクを追加といったことができます。この他のアプリから追加するのはiOS8からの機能ですが、便利ですね。iOS8.1.2でバグも解消されて、アクティビティの並び順がリセットされる不具合が修正されたようです。
個人的には「はてなブックマーク」よりも「Delicious」が好きなので、存続していってほしいですね(Yahoo!に買収されるときにリンクがすべて消えてしまうという問題がありましたが、あれは自分が移行手続きをするのを完全に無視してしまったので、仕方ないですね)。


Opera Coast Web ブラウザ - Opera Software ASA



  
★ウィジェット対応

最後に紹介するのは「Opera Coast」です。「Opera Mini」とは違い、かなりシンプルな作りになっています。
今まではiPadだけに提供されていましたが、iPhoneでも使えるようになりました。
速い速いと言われているようですが、自分の環境ではまだ公式ブラウザである「Safari」や「Opera Mini」のほうが速いです。
ではこのアプリは何が特徴的なのかというと、動作がスワイプジェスチャーによって完結しているという点に集約されます。ボタンを押す必要がほとんどありません。検索するときもスワイプ。ボタンは下にまとまっているので、上のほうに手を伸ばす必要がまったくありません。あるとすれば、検索語句を入力する画面でのニュース(ディスカバー)をスワイプするときぐらいですね。
このディスカバーが通知バーウィジェットとして表示されるので、暇なときに見ると時間を潰せます。情報収集にもなりますしね。
iOS8のアクティビティ機能により、「Safari」からURLを持ってくることができます。
動画圧縮の機能も優れているようなので、データ通信量を気にしながら動画を観る際にもオススメです。





さていかがでしたでしょうか。
もうすでに使ってる方もいらっしゃるでしょうね。
他にもオススメのアプリがあったらぜひ知りたいので、お気軽にコメントを残してくださると大変うれしいです。

最後に、iPhone5s以降の指紋認証を使う際にオススメのアイテムを紹介します。



指を出せる手袋です!(笑)
親指、人差し指、中指がフード上になっていて、指先を出せます。
カメラ用品や釣り用品としてもこの類の手袋は人気があるみたいですが、僕はこのフリース素材のシンプルなものをチョイス。
あんまり厚ぼったい手袋は好きではないし、スマートフォンやミラーレス一眼カメラのような小さくて軽い機器を操作するのであれば分厚くないほうが良いですね。
というわけで、指紋認証を使いたいけど手袋からいちいち指を出すのが面倒くさい、あるいは指紋認証を使いたいがために手袋を着けないといった方に特にオススメです。



それでは良いお年を。
また来年|ω・)ノ

0 件のコメント:

コメントを投稿