2014年5月21日

NEW HOUSE Kaleidoscopic anima Release Party at Shibuya HOME on May 18th



渋谷HOMEにて5月18日に開催されたNEW HOUSE『Kaleidoscopic anima』リリース記念パーティに行ってきました。
NEW HOUSEのライブを観に行くのは昨年末のClub Asia以来およそ半年ぶりくらいですね。

いよいよニューアルバムが完成したということでしたが、CDはまだ先の発売で、今回はTシャツを買うとダウンロードコードがついてくるという形。
Tシャツを買わせて、CDも買わせようという魂胆ですね。まあ、買うけど。

昼間は暇だったので渋谷をうろついていました。
京都Second Royal Shopで買ったNEW HOUSE Tシャツ【シルバー】を着ていましたが、誰もNEW HOUSE知らないんだろうなーって思いながら。
ヒカリエで2人組の外国人に「スイマセン、エレベータードッチ?」って話しかけられたので教えてあげましたが、彼らはNEW HOUSE知ってたかな?



HOMEはお馴染みの箱ですが、やっぱり狭い! でもこの狭さがいい感じです。
入るなりユウタと駄弁りつつ、小山内社長からTシャツを購入。
最初から白がいいなと思っていたんですよ、本当だよ。友達はブルーを購入。

NEW HOUSE Tシャツ【シルバー】が被ってしまったので友達は早速着替えるという(笑)
前のTシャツはMサイズを買ったんですけど、丈の長さからいってSでもよかったなー。だったらレインボーでも良かったな。さすがにもう売り切れちゃったかなって思ったら、Web Shopにはまだ在庫あるっぽい?

6月14日にHOTEL MEXICOを観に京都行って、そのときにまたSecond Royal Shop行こうかな~(笑)


さてライブですが、まずはPaellasを観る。
3曲めと最後の曲が良かった。最後から2番目の曲が好評らしい。
悪くないね。
ボーカルが東南アジアっぽい顔つきをしているのが良い。
HOTEL MEXICO好きなんだろうなーって友達と話していたら、案の定そうだと本人がライブのあとで言っていました。


NEW HOUSE待ちをしているときにユウタから興味深い話を聞く。
今は日本語バンドが流行ってるとか。でも英語で歌おうが日本語で歌おうが同じだし、子音と母音を混ぜて歌ってるからスワヒリ語で歌ってもいいしということ。
NEW HOUSE語ですもんね。

でも「Natural Blessings」の冒頭は「fires fires」って歌ってるのかな。それがすごく好きなんですよ。

もう1つ、音楽はソフトだからという話も興味深いと思った。
帰りに友達と、HOTEL MEXICOはアナログ盤で出したいからアルバムの曲数とかこだわってくるけど、NEW HOUSEはそういうこだわりがないから良いという話をしまして、今の人って自分もそうなんだけどCDで買おうがダウンロードしようが結局PCで聴くし、圧縮して携帯プレイヤーに入れるじゃないですか。アナログで出そうがカセットテープで出そうがデジタルにする奴はするし。音楽はソフトだというのはそういうことで、いくらモノにこだわろうが音質にこだわろうが聴く人がハードを選んだ時点でどうしようもないっていうことなんですよね~。
ポータブルCDプレイヤー持ち歩く人も当然いるし、レコードの携帯プレイヤーもあるし、容量に限度があるといっても利便性を取るか音質を取るかの話になって、とはいえCDにも限界があるし、じゃあハイファイって何? ハイレゾって何? って言われてもそこまでスゲーってなるほど人間の耳って感度が高いのかって言われてもうーんってなっちゃうしね。

はい、どうでもいいのでNEW HOUSEのライブの感想いきます!

出だしは案の定Cold Waterでした。
これは書く必要もないくらい定番ですね。

今日のセットは50分で9曲だとプンプンが言っていましたが、1時間半ぐらいやってほしかった。
ALMA ALBAのロングバージョンやれたよ。むしろALMA ALBA part2やれたよ。やろうよ。

次はEmpty Shopかと思いきやNatural Blessings
タイトルからして自然をテーマにしてるのかなと思ったり思わなかったり。出だしの「fires fires」とか。あと聴き取れる単語は「darkness」と「anima」ぐらいなんですよね。闇と魂、命、光。
自然の動と静を表現しているのかな? とか解釈して聴かないほうが絶対いいんですよ。
アルバムに収録されているアレンジはコンピをさらにアレンジしたもの。ライブのように叫ばないのが残念ですが、アルバム全体の雰囲気にはすごく合っています。

しまりのないMC。
ユウタやプンプンがモロにツッコミを入れるのが面白くて好き。

次はLandscape。
もうNatural Blessingsともにライブではお馴染みになりましたね。
ライブでのセイヤんのドラムに慣れきってるから、アルバムだとなんだか物足りなく感じてしまいました。
でも全体を通して聴くと、このマイルドな感じが実に合っていていいんですよね。何気に一番のスルメ曲だと思いました。

4曲目はBlow Wind Blow。
先行でYouTubeにMVが上がったので、ニューアルバムでは一番知名度が高いかな。
2回も失敗するというあるまじき失態。
フロアでの迷惑なビールこぼしマンの野次が鬱陶しかった。
ドラマーの宿命として、トラックのモニターが聴こえないと迷子になっちゃうんですよね。
わかった風な口を効いていますが、まあそんな経験もないんですが。僕はボーカルが聴こえないと迷子になります。
3度目もバラバラでしたが、気合で叩ききりましたね。
この曲はプンプンが光ってますよね。コーラスもリフも冴えてる。
コムロちゃんがいないのが寂しいですが、まあしゃーないです。

次は、わからない。新曲です。
アルバムのどれかだと思うんですが、プンプンかユウタに聞いておけばよかったですね。
友達はたぶん2曲目のDo Splash Happyだと言っております。

6曲目はEmpty Shop。やはり来るか!
セイヤんがマレットで叩くようになりましたね。
ドラムセットの配置とかアイテムをちょっと変えたみたいで、幅が広がりましたね。まさかライドシンバルをそこに置くとは! まあHOMEは狭いからHOMEだけかもしれませんが。

7曲目はPath to Freedom。まだやるか! 一番踊れるし盛り上がる曲ですからね。
久々に弾けましたよ。
今回はモロが叩くタンバリンもしっかりした作りのものだし、さすがに壊さないかーと思いきや……?

8曲目はHe Howls。『Burning Ship Fractal』では一番好きな曲です。
今回またアレンジ変わったかな? と感じました。ちょっとだけ激しくなってる気がする。
静かに初めて、最後に向けて激しくなっていくカタルシス効果がどうのこうの言っていたのはもはや昔。

9曲目はALMA ALBA。
ついに来ました。ようやっと聴けてすごく良かったです。でもちょっと短いアルバムバージョンだったのが残念。10分超のロングバージョンが観たい!
だってLandscapeのほうが長いっていうのが意外ですよ。ライブアルバムが欲しくなりますね。それかCD出るときに特典でつけてほしい! ALMA ALBAライブバージョンとかっつって。

ALMA ALBAはなんかキャラバンとかカーニバルっぽい印象を受けます。全然違ったら恥ずかしいけど。
ALMAってアルマ望遠鏡のことかな?
夜の砂漠で踊ってるイメージが想起されます。


まさかのNEW HOUSEでアンコールかかるとはね。
他にやる曲がないのでPath to Freedomパート2。
コムちゃん抜きで練習してる曲が他にないのでしょう。でもALMA ALBAをそこからさらに続けるっていうほうがよかったな。

Path to Freedomパート2ではモロがTシャツを脱いでフロアに投げるも、当たりそうになった女性がさっと身をかわし、挙句ステージに投げ返されるという面白パフォーマンスが発生。煽ってた奴は鬱陶しかったけど、モロも律儀に「ここで脱げば面白いし期待にこたえられるだろう」という見え見えの考えを実践しなくてもいいんですよ。面白かったから、まあいっか。

でもタンバリンを壊すのはまだいいとして、それを客席に投げるのは危ない。
前も思ったけどさ、下手すりゃ怪我する人いるよ? 今回のは木製のしっかりしたものだったから、割れたところが当たったら痛そう。
誰も文句言ってなかったからいいけどさ。ちょっとはしゃぎすぎだったなーあれは。

パフォーマンスの善悪はともあれ、ライブの曲自体は大変素晴らしいものでした。
Blow Wind Blowは失敗、ALMA ALBAは短いバージョンだったけど、それでもとても良かったし、他の曲もどれも良かった!

DJタイムはNEW HOUSEを意識した選曲でやってるとユウタから聴いていましたが、終わったあとでHe Howlsをかけてくるとはね。

アルバムの帰ってすぐにダウンロードして、昨日も今日もずっと聴いています。飽きがこないね。
5月25日には京都メトロでもありますので、関西勢はぜひ行かないといけませんよ。
『Burning Ship Fractal』からさらにパワーアップしたNEW HOUSE、CDの発売も楽しみです。




0 件のコメント:

コメントを投稿