2014年1月4日

日本三大新興宗教

世界には三大宗教があります。
キリスト教、イスラム教、仏教ですね。
日本においては創価学会、立正佼成会、幸福の科学ですね(※個人的見解です)。

これらの宗教は煙たがられることもあり、政教分離の原則を逸脱しているのではないかとしばしば議論が交わされることもありますが、ちゃんと宗教法人として法人格を付与されている立派な法人です。
とやかく言うこともないでしょうし、また、そのつもりもありません。

本題は次です。

どうやら日本にはさらに三大新興宗教なる新たな宗教ができあがりつつあるようなのです。
まあ創価学会とかも新興宗教といえるかもしれませんが、今から紹介する三大新興宗教が上記宗教法人と違うところは、恐ろしいことに知らず知らずのうちに一定数の人口に膾炙してしまっているところであろうと思います。
そして信じる信じないは人の自由である前述の宗教とは裏腹に、あたかもその提唱する理念が科学的に正しいと根拠もなく嘯いていることです。

幸いにも「マイナスイオン教」は消えました。まだその残党をときどき見かけることもありますが、さすがにもう信じる人などいないでしょう。
新年からきな臭い記事を書いてすみませんが、ただの自分が買ったものの紹介記事なので心配しないでください。

それでは紹介しましょう。


①地球温暖化信仰教会

地球温暖化なんて起こっていません。今はただ暑いだけの温暖期です。
みんな、特に政治家たちは温室効果ガスを悪者視していますが、地球になくてはならないものです。不要なものではありませんし、削減する必要もありません。エコというのは、方向を見誤ればただのエゴにしかなりません。
まあ、僕がただ地球温暖化懐疑派なだけなのですが、ともすれば懐疑派の意見も推し進めれば煙たがられてしまいますね。
異常気象や海岸線上昇の問題対策は確かに必要ですが、地球温暖化の対策としてやるのは間違っていると思います。


②食物繊維万能会

はなまるうどんが主体となって興った宗教。
「食物繊維は誰にとっても万能薬となる」というのが教義のようで、うどんの麺にレタスに含まれる不溶性食物繊維を配合するというとんでもないことをやってしまいました。
うどんの麺にだって食物繊維は含まれるようですが、うどんは消化の良い食べ物であるはずです。それなのに、消化を悪くする不溶性食物繊維を配合するなんて言語道断ですね。いやはや恐ろしい。
食物繊維は必ず健康に良いという思い込みを利用した宗教です。むしろ食物繊維の摂りすぎは体に悪いので注意が必要です。
ことの顛末をまとめていなかったので、ここで紹介しておきましょう。みなさんも新興宗教はなまるうどんには気をつけてくださいね。

はなまるうどんに送ったクレーム
はなまるうどんから届いた返信


③ブルーライトカットレンズ教

一番新しいトンデモ科学の一種、ブルーライトを敵視した宗教です。
ブルーライトというのはその言葉通り青い光のことです。急にブルーライトが目に悪いって言われても、PCだけじゃなくて、液晶テレビとか携帯ゲーム機とかもブルーライトが出ているわけですね。
確かにゲームやってると目が悪くなるって言われていますが、青い光だけが悪いというのはイマイチ腑に落ちない感じがしますね。

さてこんな風にボロクソ言っていますが、この度、ブルーライトカットレンズ教に入信してしまいました。



一日中PCを使う仕事に就いたのですが、頭痛がひどくなってきたので購入しました。最初の頃は大丈夫だったのですが、やはり眼精疲労が蓄積されてしまったようです。肩こりは起こらなかったのでよかったのですが、帰宅途中ずっと頭が痛いというのは悩ましいものです。仕事に支障も出ますしね。

物は試しということで買ったのですが、なかなか悪くないです。見え方もそんなに違いありませんし、数年前に買った眼鏡市場のUVカットレンズのメガネのほうが色味が茶色かったので、眼鏡のレンズも年々進化してるんだなあと感心しちゃいました。
ALOOKのPCレンズはJINSやZoffと比べてギラつきが抑えられているようで、見え方が普通のレンズと大差ないレベルにできているそうです。

考え方も少し変わりました。
青い空の光だって、ブルーライトと言えますよね。でも、空の青さは太陽の光が大気の屈折によって青く見えているだけです。強い光が、大気というフィルターを通して僕たちのもとに届いているわけです。
ブルーライトカットレンズを大気のフィルターと同じだと考えるようになりました。もちろん、モニターの輝度はある程度まで下げることも必要です。

そうそう、太陽の光を浴びると時差ボケが治るように、ブルーライトは体内時計に影響していて、寝る前にPCとかスマートフォンの液晶を見ていると眠れなくなるとか良質な睡眠がとれなくなるとか言ってる人もいますが、彼らもこの宗教の教徒なんです。でも、実はそんなことないと言っている人たちも、「反ブルーライトカットレンズ」という組織の一員かもしれませんね。


要するに、何が悪で何が善かは自分で決めたらいいってこと。
周りの意見を鵜呑みにしていると自分を見失っちゃうし、体に悪影響も出ることになりかねませんから。食物繊維然り、PCの頭痛然り。
ブルーライトなんて嘘っぱちだと信じこむのもいいですが、僕のように頭痛や、さらには肩こりまでひどくなってしまっては元も子もありませんから。
取捨選択をするということも大事ですね。プラセボでもなんでも、効果が出たので助かってます。
本当にひどかったら病院行けばいいんです。新しい眼鏡も欲しかったんでちょうどよかったです。オススメしているわけではありませんが、一つの選択肢として試してみるのもありかなと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿