2013年11月23日

The Suzan Live in Daisy Bar Autumn Fes 2013 ~Well Come Home~

SHOUT LIKE THE MONSTER NOW, COME ON!!

昨日下北沢DAISY BARで行われたThe Suzanのライブに行ってきました!


 

右のポスターはDAISY BARに貼ってあったのでなんとなく撮りました。
まだThe Suzanが4人いたころの懐かしきポスターですね。まあ、僕は4人いたころのライブを観ることができなかったので、それがとても残念に思いました。

朝から病院の通院に行きまして、終わったのが夕方17時半でした。レミケード待ちで1時間半かかったので、メシ食ったり楽器屋行ったりしてましたからいいんですけど、他の予定が全部潰れてしまいました。

小田急線が遅れていたので、下北沢に行くときにすごく混みましたね。
下北沢はあまり好きじゃないというか、慣れない街ではありますね。

DAISY BARに着いて、チケットを買い、コインロッカーかクロークがあるかどうか聞く。
1階のラグーナにクロークがあるらしいと調べて行ったのですが、やってないと一蹴されてしまいました。会場内にコインロッカーもありませんでした。

一番近いコインロッカーはどこにあるのか聞くと、クラブキューに行かないとないって言われました。その通りにしたら、チケット買わないと入りづらい雰囲気だったので断念しました。
仕方ないのでネットで調べて、京王井の頭線の西口にあるという情報をゲット。
駅を大回りして、なんとかコインロッカーに荷物を預け、ダッシュでDAISY BARに向かいました。あと10分ぐらいしかない。

まあどうせ押すだろうと思っていたのですが、おおよそ時間通りに始まりましたね。

セットリストは以下のとおりです。KAERUが1曲目でいきなりテンション上がりましたね。



TOKYOをやる前に、リエが7年後の東京オリンピックで使ってほしい! と発言。
本当にそう思います。superflyとかAKBとかのどうでもいいのを使うんじゃなくて、The Suzanこそふさわしいはずです。ニューヨークを始め、世界中で活躍しているんですから。

前から2列目にいたんですが、Jungle Beatでジャンプしたのは周りで僕一人しかいませんでした。
あれ? って不安になりましたが、2回目のジャンプを決めました。サオリが「Everyone jump!」って言ったからみんなジャンプしだした感があって、なんかがっかり。DAISY BARのライブはかなり盛り上がると聞いていたので、肩透かしをくらった気分でしたが、やっぱりライブの熱量は非常に高く、迫力満点でしたね。

個人的にMoving onが好きになりました。YaYaYaYaYa!

HOMEも安定の楽しさがありますね。
リクエストタイムでAnimalが聴けたのはとてもよかったです。

1時間ぐらいやったのかな。もっと聴きたかったですね。
今までCDでしか聴いたことがなかったのですが、The Suzanのライブに行くとすっかり魅了されちゃいますね。アツすぎる。



GOLDEN WEEKの輸入盤を何枚かサオリが持ってきてくれていて、せっかくなので買いました。
3人にサインもしてもらっちゃいました。ジャケットの裏面に書いてもらったのですが、友達に指摘されて、確かに盤面に書いてもらったほうがよかったかなあと思いました。
でもCDプレイヤーに入れるときに、スロットインだから消えたらやだなあと思ったんですよね。まあ消えないと思いますが。

今はニューアルバムの製作中とのことですが、なかなか思うようには進んでないようですね。
早ければ来年春、普通にいけば夏に出せると言ってましたが、今までも延ばし延ばしだったようなので、たぶん秋ぐらいになりそうですね。
でもすごく楽しみです。

行ってよかったです。素直にそう実感しました。
The Suzanのライブはいつも予定が合わず、平日とかも多いので今までなかなか行けませんでしたが、ようやく行くことができましたね。
最高に楽しかったです! ぜひまた行きたいですね! また来年ですかね!

DON'T STOP MUSIC NOW, COME ON!!



0 件のコメント:

コメントを投稿