2013年9月30日

iOS7で使いたいオススメのアプリ

iOS7にアップデートされた方もされてない方もこんばんは。
僕はiPhone5sを買ったので最初っからiOS7になっていましたが、iPhone4sはまだiOS6のままにしてあります。
その理由は、iPhone4sをドライブレコーダーとして使っていて、「マルチドライブレコーダー」というアプリ(有料\600)がまだiOS7に対応してないらしいからです。
しかし、もし対応したとしてもアップデートはしないつもりです。
iPhone3GsをiOS5にアップデートしたときはひどかった……。結果バッテリがおかしくなって、膨張して基板割れましたからね。電池を食うとかそういうレベルではなかったのだろうと思います。修理費かけて修理する必要もないかなと諦め、机の奥で永眠しました。

iPhone5sではM7コプロセッサというものがつきまして、Gを感知したり、車の運転中はWi-Fiを探すのをやめたりという、かなりスマートな機能があるようなのですが、iPhone5sをドライブレコーダーにはしたくないですねぇ。
上記のようにマルチドライブレコーダーがiOS7に対応していないというのもありますが、なにより、発熱がやばい(笑) これから寒くなりますが、それでもクーラーつけないとやばいんじゃないの? という感じです。USB扇風機を車内に取り付けようと考え中です。PC用の水冷クーラーをうまいこととりつけられないかなー……って、それならiPhoneじゃなくて市販のドライブレコーダー買ったほうがいいか。

さて、iOS7が正式リリースされてから二週間が経ちましたが、その所感を書きます。おすすめアプリはそのあと載せます。
まずは良くなったところから。

 

▲iPhoneのAppStore上からアプリをウィッシュリストに登録できるようになりました。
むしろ今までできなかったことがなんでやねんって感じですよね。
右上の合同マーク(≡)から登録したウィッシュリストを見ることができます。
PCの電源を入れて、iTunesを立ち上げてiTunes Storeにアクセスして……という手間がかからなくなりました。いつでも今欲しいアプリを眺めることができ、セールになったら購入することができ、次にiTunesカードを買ったらこれ買うぞ~と思うことができます。
ちなみに、iPhoneのiTunesStoreでも音楽をウィッシュリストに登録&見ることができます。

◀おやすみモードがロックしていなくても機能するようになりました。
これはウレシイ!

睡眠サイクルを計算してアラームを鳴らしてくれるアプリがいくつか増えてきました(有名なのは僕も使用している「Sleep Cycle」や、レオニャルド・フミンチでお馴染みのドリエルの睡眠サイクル計測アプリ、「ぐっすり~ニャ」)。

そうした睡眠サイクル計測アプリは、大抵iPhoneを充電しながら、画面はロックせずに伏せて使うことが多いかと思います(他のをあまり使ったことがないのでわかりませんが)。

そうした場合に、iOS6ではおやすみモードが機能しませんでした。しかし、iOS7では機能します! これで良質な睡眠がとれることうけあいです。

◀賛否両論あるけど、なんだかんだいって便利なコントロールセンター。
LEDをコントロールセンターからオンオフできるようになったため、懐中電灯アプリが完全に要らない子に。Wi-Fiのオンオフや、おやすみモードのオンオフが意外と便利です。

ただ、デザイン面がまとまっていない感じがして、そこが意見の分かれるところですね。円なのか、角のとれた四角なのか。
ミュージックも使いづらいと悪評がたっていますが、僕は使いづらいと感じたことはありませんね。ふつうです。


 
▲悪い点ももちろんあります。通知センターからTwitter投稿ウィジェットが消えました。

iOS5時代、「LaunchTwi」というアプリを使っていたのですが、今はもうAppStoreにないばかりか、インストールしたとしても使うことができません。
通知センターからツイートする方法は今のところ、何かしらのランチャーアプリをどうにかこうにかして通知センターに出して使うしかないみたいです。
まあ、僕は頻繁にツイートするようなヘビーユーザーではないので別に構いませんが、いつでもツイートしたい方には不便ですね。
あとは、他のアプリを使っているときや、リンクを共有したいときとかにアプリにTwitter共有機能がない場合などでTwitter投稿ウィジェットは活躍していました。今までできていたことができなくなるというのはユーザビリティが低下しますね。残念なことです。

通知センターがらみでもう1つありまして、標準カレンダーアプリの通知タイトルの「カレンダー」という文字の横に今日の日付と曜日が表示されなくなったという残念な改悪があります。
左にフリックすれば見られるんだからいいだろということなのでしょうか。
なので、前々から使っている「今日は」アプリを継続中です。どうやらこのアプリ、今AppStoreにないっぽいですね。残念。



さて、おまたせいたしました。
iOS7で使いたいアプリを3つご紹介いたしましょう。
なぜ3つか? 時間がないからです。

CCal11 


アイコンがまずカワイイのですが、設定をいろいろいじったら見た目もiOS7っぽいキャッチーなデザインにすることができました。
Googleカレンダーと同期し、iOS標準カレンダーアプリにも予定を追加できる。iOS標準カレンダーでは物足りない人は、ぜひこのカスタマイズがバリバリ行えるCCal11を使ってみてはいかがでしょうか。

今までのCCal10を使っていた方は、CCal10からアップグレードみたいな形で、CCal11のPro版と同等のアドオンを入手できるはずです(僕は入手しましたが、今は入手できるのかどうかわかりません)。
ちなみに、視差効果をオンにするとフキダシが動きます。

Weather On 



美しすぎる背景。情報量も抜群のタイルスタイル天気予報アプリ。
無料版のままだと今日と明日の天気しか表示されませんが、1週間の天気予報を表示したい方はぜひアドオンを購入しましょう。

まず特徴的なのは風速と風向きです。かざぐるまが、風速に合わせて回ります。回りまくります。風がないときは、ゆっくり回ります。
風速と風向きを表示する天気予報アプリはいくつもありますが、かざぐるまが回って、見た目で風の強さを判断できるアプリはこのWeather Onぐらいです。今のところ。
僕の妹が言っていたのですが、女性だとスカートが気になるので、天気予報のチェック時には風速も見るのだとか。他にも、帽子とかウィッグとか自転車とか、風の強さは気になる方も多いのではないでしょうか。
そんなときはこのWeather Onアプリですぐにチェックしましょう。「風速20km/h」とか言われても、すぐにどのくらいの風の強さかわかりますか?

デジタル時計のタイル部分をタップすると、アナログ時計モードに入ります。何やら英語の名言集も表示してくれます。置いておくだけで素敵。
通知やバッジアイコンにも対応。気温をバッジアイコンで表示できます。バッジアイコンはiOS6までは、なんか未読数みたいで嫌だなと思っていたのですが、iOS7になってフラットになったら、あまり気にならなくなりました。オススメです。

Label Box 



ビックカメラやロフトなどで、写真にテープなんか貼り付けるアイテムがあるみたいなんですが、それをiPhone上でやってしまうという最高にかわいくてクールなアプリ。
最初からデフォルトで入っているテープもいいんですが、僕はアドオンをばんばん買っています。
特に「Alice in Wonderland」という『不思議の国のアリス』をモチーフにしたテープがかわいくて、あまりのかわいさにツイートしてしまったぐらいです。このアドオンがリリースされたその日のうちに買いました。

使い方はいたって簡単。写真上でなぞれば、テープを貼れます。文字を入力するのですが、今不具合が起きていて、フォントによって文字が潰れてしまいます。早く直ってほしいですね。←直りました!
もちろん文字を入力せずに、目線に使ったり、模様に使ったりするのもOK。
最近は画像を自分で撮ったよ(あるいは描いたよ)という虚偽の自作発言が横行しているので、防止策としても使えますね。URLを入れるとさすがに写真がうるさくなるので、名前だけにとどめていますが。
写真の文字入力アプリは数多くあれど、ここまでかわいいアプリはこのLabel Boxだけですね。


以上です。いかがでしたでしょうか。
僕はiPhoneにアプリを1,000個以上入れるアプリキチガイですからね。それでも、僕の知らないアプリはまだまだたくさんあります。なにせ、AppStoreには10万以上ものアプリがひしめいているのですから(すでに20万以上か? いやもっと?)。
iOS7で使いたいかわいい、あるいはクールなアプリがありましたらぜひお知らせください。そしておすすめしてください。お待ちしております。

おすすめのアプリはまだまだ他にもありますので、いずれまたブログで紹介できたらいいなと思っています。
それでは。

0 件のコメント:

コメントを投稿