2013年4月29日

『くろーんず-マンガで分かるクローン病-』満を持して連載開始!

こんばんは。
以前、Twitterでこんなつぶやきをしたのを憶えておいででしょうか。



クローン病マンガをコミPOで書きたいなあ。タイトルはもちろん『くろーんず』

posted at 14:59:16




マンガで分かるクローン病『くろーんず』では、入院の様子から内視鏡検査、友達とハンバーガー屋に行く話とか、サンシャイン水族館に行く話とかを描く予定です。

posted at 13:44:47


もちろんTwitterを見る時間によっては見ていない方もいらっしゃることでしょう。
かくいう僕も一度休止してのちの復活後では、Twitterを見る頻度・時間が大幅に減りました。その分の時間を有効活用したほうがいいと思ったためです。
ネトゲをまたやりたいなあと思っていましたが、それもやらないでしょう。他にやりたいことがたくさんあるので。

話が逸れましたが、「コミPo!」を購入しました。
上記つぶやきをしたあと、衝動買いに近い形で買ってしまいました。

自分が患う病気・クローン病をネタにしようと思ったのは、コミPo!は解説マンガや学習マンガに向いているツールなのではないかと思ったためです。
それ以前に、ダ・ヴィンチ・恐山先生の『空論基礎・Ⅰ』(スクウェア・エニックス刊)を読んで、面白いな、いいなと思っていたというのもあります。

もちろんタイトルの由来はダ・ヴィンチ・恐山先生の『くーろんず』、ゆうきゆう先生/ソウ先生の『マンガで分かる心療内科』を元ネタにしております。

内容としては、クローン病を患う真鶴美岬という高校二年生の女の子が友人二人とわいわいやりながら、クローン病患者として日々の生活上での困ったことや悩みなどを赤裸々に語る……そんなマンガです(「赤裸々に」というのは嘘かもしれません)。

ただの学習マンガではなく、ギャグマンガの様相を呈してしまっておりますが、これがコミPo!で描く初マンガのためコマ割りやらキャラの立ち位置やらパースやら未熟な部分もかなり多いです。
でも、時間のない中で少しずつでもステップアップして行ければいいなと思っておりますので、どうぞよろしくお願いします。

少しだけ内容を紹介しますが、ぜひ僕のウェブサイト(http://venusfloatingcity.appspot.com/)へお越しいただければ幸いです。
また、PixivTinamiにもすぐに投稿予定ですので、「ウェブサイトの下側のメニューが邪魔で見づらいんじゃボケ!」とキレられている方はそちらでも閲覧可能です。

月一で更新する予定です。水族館へ行く話は第5回目を予定しております。乞うご期待!








続きはこちら、下部メニュー「comic」より、どうぞおたのしみください。

0 件のコメント:

コメントを投稿