2012年12月31日

この曲がすごい!セレクション2012

こんばんは。サプライズ企画はっじまっるよーヽ(゚∀゚)ノ
昨日公開した「ザ・ベスト・オブ・アルバム2012」ですが、この企画ではアルバム全体は置いておいて、2012年に発表された曲で特に輝くものを紹介します。
TOP10にはランクインしなかったアルバムの中の曲や、コンピレーションアルバムの中の1曲などを紹介します。
行き当たりばったりで、音源の試聴もできない曲もありますが、どうぞお楽しみください。

・NEW HOUSE「Natural Blessings」(Call And Response Records『Dancing After 1AM』収録)

最近はライブで頻繁に披露されているすばらしい曲です。僕と友達は「What's Up!?」と呼んでいます。シャウトがそう聞こえるからです。
実はこのコンピに収録されている音源では、シャウトではなく、「ワッチャ」というくちゃくちゃの声で発声されており、ライブのような勢いがないので残念です。
先日のライブでの「He Howls」も迫力のあるアレンジがなされたので、NEW HOUSEのアレンジ力には光るものがあります。まあ時々調子に乗りすぎて失敗するんだけどね、奴ら。
あんまりベタ褒めしすぎるとドラムのセイヤが寂しがるので、あら探しではないけど、足りない部分を指摘してあげないとね(笑)
あと、このコンピでは曲目が「Nature Blessings」なのでご注意を。
試聴音源がないので、「He Howls」のリミックス音源をお聴きください。




・Galileo Galilei「時計塔」(『Baby, It's Cold Outside』収録)

ミニアルバムの2曲目、歌詞と曲展開がすごく素敵な近代ラブソングです。
「涙の跡を辿ってまた会えるから」という歌詞が最高。こんな歌詞を書けるのはすごいと純粋に尊敬してしまいますね。
革靴の音の表現「ザクザクカツカツ鳴っている」という擬音語もすごい。
そんな歌詞に注目しながら、とあるファンの方が作成されたMVをどうぞ。




・OWL CITY「Silhouette」(『The Midsummer Station』収録)

ランキングに入れようかどうか最後まで迷ったOWL CITYの『The Midsummer Station』から「Silhouette」です。
このしっとりとしたバラードはモテますね。イケメンですよ。
アダム・ヤングのソロプロジェクトであるOWL CITYはこのアルバムを聴いて好きになりました。たまたまタワレコの店内で「Speed of Love」や「Good Time」流れていて(というかタワレコではアルバムを曲順どおりに頭から流すから、ちょうど6曲目と7曲目のときに行ったわけですね)、視聴して衝動買いしてしまいましたね。
YouTubeで他のアルバムの曲を聴いて、他の曲もいいなぁと思ったのでいろいろアルバムを買い揃えたいです。
賛否両論分かれるのかな。僕はLady Antebellumはあまり好きではないのですが、OWL CITYは好きですね。




・さよならポニーテール「青い街」(『なんだかキミが恋しくて』収録)

12月9日に発売されたばかりのさよポニの1stミニアルバムから、なっちゃんが詞曲を担当した「青い街」がすごい曲セレクション入り。
みぃな詞曲の「はじまりの合図」もすごい好きなんですが、さよポニの在り方というか、本質に触れているらしくて、そういうのが嫌だと感じているので純粋にいいと思えるこちらの曲をチョイスしました。
雨がメインイメージで、これもしっとりとしたバラード調の曲です。なっちゃんの性格を反映したかのような、冷めた曲です。そして切なさ、寂しさを表現しています。
この曲を聴くと、幼いころ雨の降りしきるなか家で1人で寂しく過ごしていたシーンを思い浮かべてしまいますね。
残念ながら、まだフル試聴はありません。iTunesでさよポニの曲が解禁されているので、そちらから試聴できます。


・米津玄師「恋と病熱」(『diorama』収録)

鮮烈なデビューを飾った米津玄師ことハチ氏。今までのボーカロイド曲をすべて捨て去り、オール新曲&本人ボイスでのフルアルバムはネット界を多いに賑わせ、僕のような一般視聴者も巻き込む事態となりました。とてもうれしいことです。もちろん今までのボーカロイド曲にも注目が集まり、また「ゴーゴー幽霊船」と「vivi」はニコニコ動画で手書きのコミック調PVが人気を博しました。
そんなアルバム『diorama』ですが、初回限定版にミュージックアニメーションが特典された「恋と病熱」をオススメします。映像ももちろんオススメです。
暗い、ネガティブな歌詞なのに、心の奥底にある熱い気持ちを奮起させてくれる曲です。開き直った怒りに近い感情でしょうか。元気が出るというよりも、「ちくしょうこのやろう、やってやろうじゃねえか」という気持ちになります。
「生きてやろうじゃねえか」と。1曲目の「街」が震災ソングなので、落ち込んだ人たちのやる気を少しでも鼓舞するかのようなアルバムですね。
じゃあなんでランキングに入れてねえんだと。それは「街」の直後に「ゴーゴー幽霊船」という曲順に不満があるから……。理由は今言った通り、アルバムのテーマ性です。




それではみなさん、良いお年を。
来年も音楽を楽しみましょう、聴きまくりましょう、ライブに行きまくりましょう。
それでは!

0 件のコメント:

コメントを投稿